薄毛改善を全力で始めたい!という人の為のAGA治療情報特集

長年悩まされ続けてきた薄毛について、今度こそ本気で対策を講じていきたいという人の為のAGA治療についての情報を集めてきましたので、是非ご覧になってみてください。

aga予防に亜鉛が効くと聞いたのですがどうしてですか?

頭皮マッサージを受ける薄毛の男性

髪の毛を作るのに欠かせない亜鉛

髪の毛が薄くなる原因は、加齢や遺伝、過剰な男性ホルモンなどがよくいわれますが、必要な栄養素がしっかり摂れていないということも大きな原因となります。

健康な髪の毛や頭皮は、健康な全身状態から作られますので、充分な栄養を摂り、しっかりと体を作っていくことが大事なのですね。

その上で、髪の毛を作るのに役立つ栄養が不足しないように気をつけていきましょう。特に亜鉛は、育毛サプリに必ず配合されているほど、髪の毛の生成に深い関わりを持つ必須ミネラルです。

タンパク質を合成するのに欠かせない亜鉛は、タンパク質のかたまりである髪の毛を作るのに、絶対必要なのですね。

恐ろしい亜鉛不足

そんな大事な亜鉛ですが、厚生労働省の調査によると、1日当たりの推奨摂取量を満たしている人はほとんどいないのだそうです。

成人男性は12mg~30mgの亜鉛を摂るべきなのに、日本人の平均摂取量は7mgという調査結果が出ています。これでは、元気な髪の毛を作るのは難しいですよね。

亜鉛が不足すると、aga以外にもさまざまな悪影響を及ぼします。代表的なものでは、味覚障害やインポテンツ、皮膚炎、記憶力や免疫力の低下などがあげられます。

また、カルシウムの吸収を促す作用もあるので、骨粗鬆症をも引き起こすこともあります。どれも深刻な症状で、生活の質を落としてしまうものばかりですね。

引合・自毛再生の実績多数|AGA治療・薄毛治療の銀座HSクリニック http://hsclinic.jp/

正しい亜鉛の摂り方

亜鉛は、牡蠣やうなぎ、レバー、カシューナッツ、アーモンド、大豆などに多く含まれます。食品から摂取することが理想ですが、なかなか充分な量を摂ることは難しいため、サプリメントを上手に利用していきましょう。

ただし、亜鉛は過剰に摂取すると、頭痛や嘔吐、腎臓障害などの急性中毒を引き起こしてしまいますので、特にサプリを使用する際には使用量を確認し、決められた量を守ってください。

亜鉛以外のミネラルも大事

亜鉛ばかりがagaの予防や改善に効果があるように思われていますが、ほかの必須ミネラルも髪の毛に欠かすことはできません。

代謝を促進し髪の毛を成長させるヨウ素、髪の毛に潤いを与える鉄分、髪のメラニンを合成させる銅などもまんべんなく摂り、いきいきと発毛できる体作りをしていきましょう。

AGA治療に用いられることもある進化を続ける薬剤治療

治療薬は国内で大きく分けると2つあります。前立腺肥大症治療薬開発の中で奇跡的に発見されたプロペシアはM型薄毛に効果を発揮します。

近年AGA治療が活発になってきた訳はフィナステリド・ミノキシジル薬剤の開発が背景にあり、今治療薬として注目されているのがこのフィナステリド・ミノキシジル薬剤。

「プロペシア」はフィナステリドを主成分としM型薄毛に効果が高く、DHTが毛に与える影響を邪魔する働きがあり、発毛サイクルを正常にしてくれるのです。

次に、ミノキシジルを主成分とする「リアップ」はO型薄毛へ効果を高く発揮し、成分であるミノキシジルは頭皮の血行を活発にするのでO型薄毛の原因である血行不良にとても効果があるという事です。

元々は血圧降下を目的として開発された薬剤なのです。そして フィナステリドは前立腺肥大症治癒薬として作られたのですが、その流れで発毛にも効果があると発見されました。

日本では1999年にリアップが誕生し、2005年にプロペシアが誕生、別名「飲む毛生え薬」として知られている内服治療薬で一方のリアップは内服ではなく頭皮に塗るタイプの塗布剤となっています。

薄くなった中年男性の頭

薄毛の悩みは解決される

この様に日々の研究・開発のお陰でAGA治療も日々進化している事はご理解頂けたと思います。これからも新たな新薬剤の誕生、開発によりAGA治療が更に進化を遂げる事はいう間でもありません。

また、研究グループによるマウスの発毛実験が成功したと発表されました。この研究グループの報告によると近い将来私達人間の髪を再生出来る可能性がかなり高いと発表されました。

実際にこれが成功すれば薄毛に悩む多くの人々の悩みは解決される事になります。薄毛に悩む皆さんにとって良い結果が出てくれる事を期待します。

agaの予防・改善には亜鉛?