薄毛改善を全力で始めたい!という人の為のAGA治療情報特集

長年悩まされ続けてきた薄毛について、今度こそ本気で対策を講じていきたいという人の為のAGA治療についての情報を集めてきましたので、是非ご覧になってみてください。

aga治療は早めに受けたほうが良いですか?

time 2016/04/28

aga治療は早めに受けたほうが良いですか?

aga治療は早めに受けたほうが良い

agaの原因はジヒドロテストステロンと言う脱毛因子を増やす男性ホルモンの一種にあります。この脱毛因子が増えると成長期、退行期、休止期のあるヘアサイクルのうち成長期が短くなります。

髪の毛が長く太くなる前に退行期が来て成長がストップ、休止期が来て抜けてしまいます。成長が悪くなった髪の毛が増えていき、次第に額の生え際や頭頂部から薄くなり始めます。

そこでagaクリニックではフィナステリドで脱毛因子を抑え脱毛を予防し、ミノキシジルで血管を拡張させ発毛を促進させるaga治療をご提供しています。

どちらも毛乳頭や毛母細胞の働きが生きている間に効果が期待できますが、agaが末期まで進み毛根が死んでしまうと効果が期待できなくなってしまいます。

末期まで進まなくても症状が進めば進むほど、改善させるのに期間がかかってしまいますので抜け毛や薄毛が気になり始めたら、早めにaga治療を開始されたほうが良いです。

症状が進んでしまったら

もし中期まで症状が進んでフィナステリドやミノキシジルでは期間がかかりそうと言う時はHARG療法と言うaga治療を受ける方法があります。

HARG療法では成長因子が含まれているカクテルを頭皮に注入させ、幹細胞を刺激し活性化させています。成長因子はご自身の脂肪を採取し、幹細胞から作り出されたものです。

フィナステリドやミノキシジルは使用を中止すると成分の効き目が切れてまたagaが始まります。しかしHARG療法では成長因子の分泌が続きますのでaga治療が終わっても発毛が期待できると言うのが大きなメリットです。

初期よりも中期以降のaga患者さんに向いているaga治療となっています。もし末期まで進んで手遅れになってしまっても自毛植毛と言うaga治療なら改善が期待できます。

agaクリニックでは症状の進行に合わせて一番良いaga治療を選べると言うのが良いところです。その代わりにHARG療法や自毛植毛は治療費が高くなりますので、なるべく安く済むうちにaga治療を受けたほうが良いです。

早めにaga治療を開始したほうが良い理由